3種の道具

  • 2016.01.18 Monday
極寒ツーリングとよく聞きますが
明日はこの冬一番の極寒が訪れていますね。

BROWN ALLSも、あと2週間なので
終り良ければ全て良しではありませんが
出来るだけブログを書こうと思いました。
これまで積み重ねた記事(日記)は825件、
正確にはもう少し多くなるでしょう。

そして826件目は縫製での一手間。

新しいモデルの縫製手順を勘違いし、解いてやり直す場合が多々ありますが



糸を解く道具は手前から、リッパ―、目打ち、小ばさみの3種が自分には必須です。






生地の糸を差し込まないように慎重に確認し、解く縫い糸の途中に差し込みます。
(縫い始まりと縫い終わりから解くと、生地がほつれやすくなるので途中から)





確認出来たら、軽く押すだけで糸は切れますが、大変切れ味鋭いので注意が必要です。






次に目打ちを使い、縫い目の糸をすくい引っ張りだしてゆきます。
目打ちなら、生地の糸を痛めにくいです。






引っ張っても動かなくなると、小ばさみでカットし再び繰り返します。






生地の糸が細くシッカリ詰まっている場合は、縫い目で生地を引っ張りながら開き、
間に見える縫い糸を小ばさみでカットすると早いです。
しかし、生地の糸が太く密度が薄い場合は生地が伸びる恐れがあるので
いつも3種の道具が欠かせません。
失敗するほどに気付きが増え工夫し、上達してゆく縫製です。






12月のHOT ROD CUSTOM SHOWで海外の方が
サイドのパテッドが無いものが欲しいと言っていました。
ほぼ、そんな英語でジェスチャーを交え理解できましたが
自分でカットして履いてもらえればいいですよ。
とゆう片言英語で返事しましたが、去って行ったので
通じていなかったのかもしれないです。
2015年モデルはこれだと思ったパテッド。
私の手でカットすることは出来ませんので
無い方が良いと同じように思っている方は
ご自身の手でお任せします。


 


PROFILE

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SEARCH